大阪府豊中市のペットショップOFFSPRING<オフスプリング>のブログです。 【爬虫類・両生類・節足動物・小動物の販売と繁殖】
類似種比較(ポエキロ編)

2016-10-18 Tue 06:45










おはようございます^^


















サボリ過ぎでいよいよトップに広告が出そうなので無理くり更新です(^^ゞ

















相変わらず淡々と野暮用を消化し、あとは食って寝る以外に何もしておりませんが(釣りも。。)昨日は地元阪急百貨店で開催中の英国フェア2016をぶらっと覗いてきました。















IMG_6401.jpg




IMG_64011.jpg

















このイベントは大体毎年見に行っておりますが相変わらず大盛況でしたね(9割女性客)。























個人的にはついでにBTSのブースを呼んでくれたらいいのに~と思いますけどね(^ω^) ←呼ばれない




















色々見て回りましたが今年はイギリス軍の放出品を持ってきてるブースがあって一瞬反射食いしかけましたがそこはグっと堪えて
walkersのクッキー(内臓脂肪の源)だけガツンと買って帰りました(^^ゞ

















さて話は英国から印度へ飛びまして。。。


















Poecilotheria regalis 002

本属を代表する「レガリス」ことインディアンオーナメンタル (日付は気にしない)



Poecilotheria striata002

そして「ストリアータ」ことマイソールオーナメンタル。











この二種について以前の記事で成熟♂も比較してみましたが非常に良く似た外見をしておりますね。













お腹側の比較

Poecilotheria regalis 005

Poecilotheria striata004

















ちょいズームイン

Poecilotheria regalis 003

Poecilotheria striata003














いががでしょう?


タランチュラの洋書などでは本属の同定のポイントとして比較写真が並べられているのをよく目にしますがこの2種については明暗のカラーの入り方や面積に決定的な差が認められないように思います。





















ただ、よ~~く観察してみるとまあまあ分かりやすい違いがあることに気付きます。

















preg201601.png


赤線部分、レガリスの第一、第二歩脚の腿節外側にはまるで「力こぶ」のようにも見える山なりの毛束が存在しストリアータにはこれがありません。


















この毛束は亜成体(画像の比較個体)以降で顕著になってきますので参考にしてみて下さい。

















その他の違いとしましては歩脚裏面の黄色部分の濃さ(彩度)がストリアータの方が上で(※脱皮後の経過日数に大差がない場合)蛍光イエローのラッカーを吹いたように派手で美しいです。














頭胸部に入るメタリックパープルも僅差ですがストリアータの方が濃いように思います(成熟♂も同様)。
















あと皆さんの大きな関心事である♀成体のサイズにつきましてもストリアータはレガリスに匹敵するまあまあな巨大サイズに育ちます。

















いかがでしたでしょうか?  何かご指摘やご意見等ございましたら是非ご連絡下さいね^^




















これは余談ですが、今回レガリスと比較したストリアータのようにいまいち名前を聞かないタランチュラの中にも実際飼ってみると相当魅力的な種類も多く存在しますので、ネット検索のしょぼーい数枚の写真だけで「好き、嫌い」または「飼う、飼わない」を決めてしまうのは本当にモッタイナイナーといつも思ってしまいます(^^;
















あと余談ついでに書いてしまいますが、このようにタランチュラは同定が容易でないものも珍しくなく「●●●●として有名店で購入したから●●●●で間違いない」は非常に危険な考え方で、実際過去にそう多くはないですが自身も明らかなラベル間違い、または疑わしい個体を購入したことがございます(*_*; 

















それらの中には今も元気に居るものもありますが永久に販売も繁殖使用も致しません。

















特に今回ご紹介したポエキロや一部アースタイガーの成熟♂等は成熟してしまうと同定する為の決め手が乏しく「これは何々で買ったからきっとそれだろう。ブリーディングローンで●●さんへはいどうぞ」で、万一仔蜘蛛が取れてしまうとそれらは全国へ拡散、そしてその謎蜘蛛が●●●●としてまた子孫を残すと。。。



















そうなってきますとひと昔前の海外産クワガタブーム時と同じで、モラルなき安易な繁殖が繰り返し行われた結果は皆さんご承知の通りで。。。



















「おまいは一体何者だい?」 な人がいーっぱいwww


















いや笑い事ではなくてタランチュラ飼育を趣味として多くの方たちが楽しんで下さる事はペット屋として非常に嬉しいのですが、まずは「咬傷事故」そして「安易な繁殖による交雑個体の流通」、この二つだけは絶対に起こらぬよう本当切に願うところであります( -人-) ←お前モナー


















疑わしきは交わらせず

ソレガイチバンダイジ~♪

















動物好きなら羨ましくほっこりするMV。

でもこれよく撮影したなー。 クマさん怖い(*_*;

Weezer - Island In The Sun (Spike Jonze Version)


スポンサーサイト
別窓 | タランチュラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<Scolopendra sp. “Guizhou” | ペットショップOFFSPRINGのBLOG | 類似種比較>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ペットショップOFFSPRINGのBLOG |