大阪府豊中市のペットショップOFFSPRING<オフスプリング>のブログです。 【爬虫類・両生類・節足動物・小動物の販売と繁殖】
セール中の生体ご紹介

2012-05-29 Tue 21:00
6月10日(日)まで30~10%オフSALE開催中!

★電話:080-3813-2309

★携帯メール:pyxis.a.bアットsoftbank.ne.jp

OFFSPRING販売ページ
__________________


新たに販売ページへアップした生体のご紹介です(*^_^*)



まずはこちら

Terrapene carolina major03

飼い込みのガルフコーストハコガメ72mm(1)


こちらは少し小さい67mm(2)

Terrapene carolina major2-01



続いては人気のニオイガメ界のスター

Sternotherus minor petltifer1-02

スジクビヒメニオイガメ♀84mm


本種一昔前はまあまあ高価な(今でもお安くはないですが)カメでして

「いつかは。。。。」(←世代がバレますな)みたく指をくわえて眺めていたことを思い出しますね。




Sternotherus minor petltifer1-01

このおとぼけ顔はニオイガメ共通。

妙に癒されるアングルですね。

やっぱりスジクビはいい(^◇^)


どの個体もお買い得価格でご提供中ですので是非よろしくお願いいたします。







ところで最近お客様から「店舗じゃないの?」とよくお問合せをいただきますが残念ながら現状は店舗(路面店)という業態ではやっておりませんm(__)m


ただし「実際見て触ってから購入したい」というお客様には「いついつ行くからあれとあれとアレ見せて」と予めご予約いただければ可能な限り対応させていただいております。



場所は電車でお越しの場合は阪急電鉄宝塚線・服部駅から駅前通りをまっすぐ徒歩5~7分ほどのところにございます。


大阪梅田より30分弱です。


お車でお越しの場合は狭いですが駐車スペースもございます。


お気軽にお問い合わせくださいませ(*^_^*)










スポンサーサイト
別窓 | SALE! | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

SALEのお知らせ!

2012-05-27 Sun 14:30
本日5/27(日)〜6/10(日)迄10〜30%OFFセール開催させていただきます。



この機会に是非ご利用下さいませ(*^_^*)



★電話:080-3813-2309

★携帯メール:pyxis.a.bアットsoftbank.ne.jp

OFFSPRING販売ページ

別窓 | SALE! | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コバルトブルータランチュラ【Haplopelma lividum】の繁殖~成長記録(7)

2012-05-20 Sun 06:30
コバルトブルータランチュラ初令~2令へ脱皮の様子を撮影してみました。

2012051601.jpg

2012051602.jpg

2012051603.jpg

2012051604.jpg

2012051605.jpg
ここまでは結構短時間のうちに(30~40分くらい?)

2012051606.jpg
ここからはじっくりと

2012051607.jpg
関節を繰り返し曲げ伸ばし

2012051608.jpg
あ~しんど。ちょっと寝ますね。。



何気に気が付きましたが脱皮開始の姿勢が大型個体の場合とは違うんですよね。



やはり自身の体重によってリスクの少ないスタイルを選択するんでしょうか。



なかなか面白いですね。



______________________________


★コバルトブルータランチュラ販売中です★

2令(LS1.5cm):@2480円

OFFSPRING販売ページ








別窓 | タランチュラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コバルトブルータランチュラ【Haplopelma lividum】の繁殖~成長記録(6)

2012-05-16 Wed 07:43
5月14日



コバルトブルータランチュラ初令~2令への脱皮が始まりました。



最初の脱皮はやはり孵化時と同じく脚部に欠損があった少数グループ内の一匹でしたが。。。





残念!気付いた時はこの体勢で固まりかけておりましたorz



Haplopelma lividum2012051602
撮影は16日ですが脱皮開始は14日。無念。。



脱皮不全の原因は脚の異常ではなく恐らく湿度不足です。


正直ちょっと油断していました。。ごめん(>_<)



翌日。他の3匹は無事に2令へ。



Haplopelma lividum2012051601


欠損具合が軽微だった個体はこの脱皮でほぼ正常に脚が再生されましたが、欠損の酷かった2匹はまだ完全修復とは行きませんでした。



メイングループも脱皮が始まりました。


Haplopelma lividum2012051604
右上、プリンカップ壁面に登れるようになった脱皮翌日の2令


脚の先端部が初令とは違いますね。




Haplopelma lividum2012051605
脱皮秒読みの初令たち



ベビーたちの運動能力が低いうちにとっとと小分けしたいんですがオーダーしたプリンカップがまだ届きません(-_-)



はよこーい!



★美しいコバルトブルータランチュラをベビーから育ててみませんか?★


@2480円で販売中です(*^_^*)


OFFSPRING販売ページ






別窓 | タランチュラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

キタクモノスガメ 【Pyxis arachnoides brygooi】 繁殖再開

2012-05-14 Mon 23:28
やっと爬虫類ネタです。


2007年に3頭、2008年に1頭ハッチさせて以来お休みしていたクモノスガメの繁殖を今年から再開させました。


当店はたまたまよい♂に恵まれておりますがあんまり余裕をかましているとアレがナニですので久々に頑張ってもらいました。


まずはこのペア


pab01.jpg


♂はまあまあ頑張りましたが先日他の♀とも掛けたので今日はややお疲れの様子。

♀も気分じゃなかった様子で受け入れませんでした。。。






続いては初めて繁殖させるペア



pab02.jpg
ん。 どうかな。。。






お~ この子たちは相性が良かったようで一発でした♪


pab03.jpg
これが

pab04.jpg
こうなって

pab05.jpg
こうなればOK


終わった後。。



18歳未満閲覧禁止↓






pab06.jpg
兄さん立派ですな。。。




交配後は♀の体重を測定し記録しました。




ところでこの♀、交尾後に面白い行動を見せてくれました。



何を勘違いしたのか♂が離れるとすぐに産卵後の埋戻しの動作を開始し、まるで本当に産んだ後のように丁寧に後肢で円を描くような動きを長時間続けました。



こんなケースは初めてでしたので驚きました。



交尾後即産み!だったらだいぶ話は早くて助かるのですが実際は産卵までおよそ一か月。



それからハッチまで10~12か月ほどかかります。



ついでに言うと登録票の申請~交付まで下手すると一年ほど待ったりしますのでだいぶ気の長い話ですね。。



もうひとつ言うとキタはクモノスガメのうち最も身体が小さいせいか私の経験ではほとんどの場合年間産卵数たったの1個です。




そう、フォローがきかないんです(泣)




卵が途中でダメになったりするとまあまあ打ちのめされます(-_-)





さ、とりあえずは無事に有精卵を産んでほしいところですがどうなることやら。




久々にあの感動を味わいたいですね。





別窓 | クモノスガメ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コバルトブルータランチュラ【Haplopelma lividum】の繁殖~成長記録(5)&販売開始

2012-05-13 Sun 09:29
おはようございます。


爬虫類屋を名乗りながら今日現在ハチュネタ一切なしの当ブログをご覧のごくごく一部の皆様。

まことにありがとうございますm(__)m


爬虫類ネタも有るにはあるのですが、とりあえず今はまだコバルトブルーネタをしつこく書きたいと思います(^◇^)



今朝、まだ壁面は登れないもののまあまあマッハなスピードで動けるようになったベビーたちを見てみると。。




なんか黒い子が居ます



20120513Haplopelma lividum01

20120513Haplopelma lividum03



まだ2、3匹のみですが、これはもしや早くも2令へ脱皮の前兆か。




う~ん。。




もうぼちぼち面倒くさいことになりそな予感がするので小分け用のプリンカップを発注しときました。




あ~。。こっからがまあまあ大変やな。。。




で、まだこんなチビさんですが季節的にもリスクの少ない時期ですので分譲を開始したいと思います。




お値段は@2480円です。



他店様との兼ね合いもありますので成長と共に割と早めに値上げしていく予定です。



本種、どういう訳かWCの現地価格はやや値上がり気味のようですしブリードの本場欧州でもそれほどコンスタントに殖やされている感じもないのでこの機会にお求め易いプチサイズから育ててみられてはいかがでしょうか。



数量特価もご相談に応じますので販売ページよりご注文、お問い合わせを宜しくお願いいたしますm(__)m



OFFSPRING販売ページ








別窓 | タランチュラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コバルトブルータランチュラ【Haplopelma lividum】の繁殖記録(4)

2012-05-12 Sat 02:01
あまりの変化の無さに殆ど諦めきっていたコバルトブルータランチュラの胚に突然変化が現れたのが4月22日。


そこから一気に脚部の着色が進み、お~色気でてきたー!と期待が膨らんで。。


4月25日





やりました♪



2012042501.jpg

2012042502.jpg


無事に孵化が始まり瑞々しい初令が誕生しておりました。


なぜか胚の形が不完全だったり発生途中だったりでほぼダメだろうと別容器で管理していた少数グループの方から先に孵化が始まりました。


こちらのグループも脚部の着色は同じように進んでいたのでどうなるかと思っておりましたが全く正常な初令幼虫になりました。




翌4月26日一斉に孵化が始まる。


2012042601.jpg

2012042602.jpg



4月27日。 ほぼ全てが初令へ。


2012042701.jpg
画像中央の薄いピンク色は脱皮殻


2012042702.jpg

2012042703.jpg



4月28日



2012042801.jpg

2012042802.jpg
透明だった脚も翌日には淡いグレーに着色された。



この時点で孵化していない胚と一部の脚に異常があった個体は別管理とした。

2012042803.jpg

2012042804.jpg

2012042805.jpg

2012042806.jpg




5月1日


頭胸腹部は飴色っぽくなり振動を与えると結構素早く歩き回る。


2012050101.jpg

2012050102.jpg


ここまで来ればとりあえず安心(多分。。)





今回幸運が重なり初めてタランチュラを殖やすことが出来ましたが、実際交接も目撃出来ていませんし「殖やしたど~!」というよりは「殖えちゃった」といった感じです。

「やったった感」はやや少なめですが素直に嬉しいです(^_^)



ただ今思うのは産卵からわずか3日ほどで抱卵しなくなりプラケの隅に卵のうが押し付けるように放置してあったのは果たして本当に「放棄」だったのかどうなのかということです。



産卵を確認してからは一度もプラケに触れず暗く静かな場所で管理してましたし外部からの刺激で♀が異常な行動を取ったとは考えにくい。。



もしかすると自然下ではそういうスタイルが普通で、卵のうを地中の巣穴奥に埋めた状態でその入り口を♀親が衛兵のように守っているのかも知れんな。。とか考えたりしていますが実際はどうなんですかね?



どなたかご存知の方は教えて下さい。



でもこんなことをいろいろ考えたり想像したり仲間と語ったりしてる時間が一番楽しかったりしませんか?



私だけですかね?(恥)




今後もジャンル問わず様々な種の繁殖に挑戦して行きたいと思います。




今回色々とヒントを与えて下さったタランチュラ飼育の諸先輩方に感謝いたします。


どの分野でも最初に道を作ることは本当に大変です。


ありがとうございましたm(__)m




























別窓 | タランチュラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

本年初フィッシュ&手掴み?

2012-05-10 Thu 11:41
5/13(日)迄10〜30%OFFセール開催中です。



値引き率は商品により異なりますので、セール価格の表示無きお品につきましてはメール又はお電話でお問い合わせ下さいませ。



※※※お問い合わせの際は商品名、お名前、都道府県名、お電話番号をお知らせ願いますm(_ _)m



OFFSPRING販売ページ


★電話:080-3813-2309


★携帯メール:pyxis.a.bアットsoftbank.ne.jp

_____________________________________



運動不足解消の為!と都合のいい言い訳を最近思いついたので今朝は「ウォーキング」と称して近所の川へ大口黒鱒に出会うべく出かけてきました。





2012051005.jpg



早朝の水辺はすがすがしくてよいですな






静かなはずの川面が今朝はなんだかバシャバシャと賑やかです。






野鯉たちがハタいて(産卵している)る音でした。




70~80cmほどの鯉たちがウネウネと体を寄せ合うように泳ぎながら水辺の植物の根や水草に卵を産み付けています。




しばしそんな光景を眺めていると足元にアカミミガメが「スー」と現れた。





まあ基本結構ずうずうしい彼らだがそれにしても今日はえらく無防備に下を向き必死に何かをついばんでいる。





そう、産んだばかりの鯉の卵をちゃっかり朝飯にしているのでした。






そこで私は静かに釣り竿を置きジッと「岩」になって完全に気配を殺してから。。。






「むんず」


2012051003.jpg
顔や甲羅が鯉エッグだらけ


食事中も油断してはいけないことを教えてやりました。




それにしてもこの成熟♂



2012051001.jpg

2012051002.jpg
パッと見はアカミミには見えませんね



頭部にもびっしりと腹甲同様の虫食い模様が入りなかなか美しかったです。



浅瀬にはもう新仔も。



2012051004.jpg


こいつにも油断していては大きくなれないことを教えてやってからお帰りいただきました。




で、釣りの方ですがやや粘って何とか一つでした。




2012051006.jpg
47cm





道具が古過ぎですが一応これは2012年5月の釣果です。 念の為。。






釣り歴●●年の中で多分最も遅い初フィッシュでした(泣)














別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コバルトブルータランチュラ【Haplopelma lividum】の繁殖記録(3)

2012-05-06 Sun 22:32
本日5/3(木)〜5/13(日)迄10〜30%OFFセール開催させていただきます。



値引き率は商品により異なりますので、セール価格の表示無きお品につきましてはメール又はお電話でお問い合わせ下さいませ。



※※※お問い合わせの際は商品名、お名前、都道府県名、お電話番号をお知らせ願いますm(_ _)m



OFFSPRING販売ページ


★電話:080-3813-2309


★携帯メール:pyxis.a.bアットsoftbank.ne.jp

_____________________________________



3月31日に人工孵化器へ移したコバルトブルータランチュラの胚。


20120331lividum05.jpg
この時点では脚がわずかに動いてました





が、数日でほとんど動きは無くなり。。




その後も毎日観察してみるが全くなんにも変化はなく。。




たま~にしぼんでしまう胚も見つかり。。。




いかん。こりゃ失敗かも。。




調子こいてベテラン方の真似して早めに卵のうを開けたりせず、子蜘蛛たちが「ワラワラ~」と出てくるまでジッと待つべきだった。。。




あ~あ、またふり出しで♂の調達からかよ~(-_-)





と、ほとんどあきらめていた4月22日の深夜0時過ぎ。




ふと孵化器を覗くと胚がなんとなくうっすらと色付いてる気が。。。



ついに腐ったか。。それともカビ生えた?


2012042201701.jpg

2012042201702.jpg

2012042201703.jpg
脚の先端部がほんのり青味がかってる。おまけに少し動きも




死んでないかも♪




同日19時半頃


20120422193001.jpg

20120422193002.jpg
更に脚の青味が増す



4月24日 20時半頃


20120424203001.jpg
パッと見は変化なし


でもよーく見ると

20120424203002.jpg

20120424203003.jpg
腹部が薄い毛に覆われはじめ頭胸部、腹部の模様もはっきりし始めた




再び希望の光が差しました♪




つづく






















別窓 | タランチュラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

シリアンハムスターのベビーたち

2012-05-04 Fri 03:02
5/3(木)〜5/13(日)迄10〜30%OFFセール開催させていただきます。



値引き率は商品により異なりますのでメール又はお電話でお問い合わせ下さいませ。



※お問い合わせの際はお名前、都道府県名、お電話番号をお知らせ願いますm(_ _)m



★電話:080-3813-2309

★携帯メール:pyxis.a.bアットsoftbank.ne.jp

___________________________________________________________________





生まれてから丁度一か月になりました。



シリアン2012050401
ツヤツヤ感が日に日にアップ♪




シリアン2012050402
徐々にヒトにも馴れはじめ




シリアン2012050403

シリアン2012050404

シリアン2012050405
手乗りハム



シリアン2012050406

シリアン2012050407
降ろしてもすぐにまた登ってきます



もちろん全員がこんな感じではなく、少し臆病な子もいますが徐々に馴らしていきます。



こんなチビなのにもうそれぞれ個性が表れはじめて面白いですね。



今ならカラー、タイプ、性別選べますのでよろしくお願いいたします。



別窓 | 小動物 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コバルトブルータランチュラ【Haplopelma lividum】の繁殖記録(2)

2012-05-02 Wed 02:36
3月15日より人工孵化器に移し、一応教科書通り?毎日1~2度転卵を行ってきたコバルトブルータランチュラの卵のう。




タランチュラ飼育の諸先輩方のサイトを参考にさせていただいたところによると多分、おそらく、もう開けてもいいはず!





と予定通りの3月31日(産卵より24日目)。


震える手に精密ピンセットを握りしめ慎重に慎重に。。。





20120331lividum01.jpg
ん?

20120331lividum02.jpg
お!



無事発生~!!




やりました~!




久々に魂打ち震えました。





普段生活していてこんなにドキドキときめくことはなかなか無いです。






思い起こしてみれば●●年前に琵琶湖で初めてブラックバス釣りに挑み、一日がかりでようやくクランクベイトに一匹ヒットさせた時以来か。。




いやいやクモノスガメが産卵から10ヶ月目に無事ハッチした時も軽く吠えた記憶が(恥)。





いずれにしても久々にまあまあ感動出来ました。





初体験ってほんとにいいもんですねw





話がそれましたが、もうちょう卵のうを開いてみると。。。


20120331lividum03.jpg

一部の胚?の色が正常なものとは明らかに違う。





これは♀が抱卵放棄した卵のうを取り出した時点で表面からも変色を確認していた部分で、懸念していた通りやはり内部にも異常が及んでいたようです。



異常に変色した死亡した胚は計15個ほど。





おまけによくよく観察してみるとどこから侵入したのか死亡胚に数匹のダニを確認。。。



これはいかん!!と少し迷った末に卵のうを全て暴いてザラザラー、、、と。

20120331lividum05.jpg


ぶちまけてから「こんな雑に扱ってよかったのかな。。」と軽く汗がでましたがもうしょうがない。





目を皿のようにして異物を全て取り除き、正常な胚は見よう見まねの自作孵化器へ。





十数個の未発生卵と発生途中(卵殻が途中まで裂けているが完全に脱出していない状態)の胚は死んでダニやハエを呼ぶ懸念があるため別途小型の孵化器を用意しそちらへ収容しました。





つづく









別窓 | タランチュラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| ペットショップOFFSPRINGのBLOG |